2019年新年度メンバー募集中(各クラス定員まで)
   

ゆっくりじっくり

連日の英語教育関連ニュースのせいか、そういう内容のお話を投げかけてくださる方が増えました。嬉しいです^^

そんな中、将来的に幼稚園でも英語が必須となるか。
私はそれはないと思っていますし、現在のように選択肢の一つであれば十分と思います。
基本的に、小学校に上がるまではお家にいる時間が多いかと思います。
幼稚園に通えば幼稚園かもしれませんが、みんながみんな幼稚園に通っているわけではありませんね。
幼稚園によっては、園では英語はしません!という姿勢の所もあります。

よく、1歳になるまではほとんどの音を聞き分けると言われています。
研究に研究を重ねてそういわれているわけですが・・・?。
ただ確かだなと思うのは、0歳から3,4歳くらいまでの子どもたちは、スポンジというより、何かの吸収体です。お花を挿すオアシス?みたいな。
スポンジは、ある程度水分がたまると、お水が滴ってきます。ギュッと押すとぐわぁっとお水が出てきます。
でも、4歳くらいのまでの子どもたちは吸うだけ吸ってそのままです。
幼稚園や、他のお友だちとの社会に出ると、その吸収体を素に、少しずつ少しずつスポンジになっていく感じでしょうか。

だからこそ、お家で毎日やる事が大切なのだと思います。
逆に言えば、お家で毎日、お母さんやお父さんとDVDやyoutube、その他アプリなどを利用して、英語に触れる時間があれば十分なのです。
お母さんが英語が苦手でも、ぜんぜん関係ありません!一緒にDVDを見て、楽しめばいいのですよ。
英語が得意なら話しかけてあげましょう!発音の事は気にしなくても大丈夫です。
子どもたちは、自分の感覚で音を広げていき、自分で発音を選びます。
たくさんの音を聞くほど、将来聞こえる音も多くなります。これからのGlobal Englishにはそういう力は不可欠です。

幼稚園や小学生になって、学ぶ機会が増えて来たら、DVDを見るだけ、お歌を歌うだけではつまらなくなってくるはずです。そこから先はプロに任せてみましょう。

小学3年生の英語導入は、かなり近い将来だと思います。
これくらいになると、小さい頃におうちで楽しんだ英語が必ず役に立ってきます^^

さあ♪今日も明日も!
Let's enjoy English!!!


 

Featured Post

World Englishes in Sri Lanka

Let's Workshop