TEAPについて

雨ですね。週末は運動会の学校もあると思いますが、延期でしょうか。

さて、先日の小学校英語活動シンポジウムでも取りあげられていたTEAPについて、
少しだけ補足しておこうと思います。先日のニュースレターNo.1に書きました^^

2015年度から、上智大学の一般入学試験にアカデミック英語能力判定試験
TEAP(Test of English for Academic Purposes)が導入されます。
上智大学と日本英語検定協会が共同開発した新しい英語力測定テストで、
今までの一回きりの入試ではなく、複数回の受験が可能になる予定です。
また、成績表も発行され、4技能全てに関して、その後の英語学習につながる
効果的なフィードバックが記載される予定なのだそうです。
TEAPに関するより詳しい情報はこちら→http://www.eiken.or.jp/teap/

ちなみに、サンプル問題をやってみた感想です。
もの凄くサラっと言いますと、リーディングは英検2級程度、
リスニングは英検2級と準1級の中間といった感じでした。
内容は、高校〜大学入学前の年齢層に合わせ、よく考えられた問題だと思います。
高校生なら、英検2級の後にトライすると良いと思います^^
まぁ、中学生でも学生でなくても興味があればやってみてください。