それぞれ始まる英語教育の低年齢化

大阪市のグローバル化改革「英語イノベーション」による小学校1年生からの独自英語教育が決定し、mpiの教材から多数の導入が決定したそうです。

私が最初に出会った児童英語教育セミナーもmpiでした。
それからは、一つの指導法だけでは良さがわからないと思って、いくつか別の指導法も勉強しました。しかし、今のSLA(第二言語習得論)で言われているインプットの重要性について早い段階から取り組み、そのための教材が豊富であったのもmpiです。
何度かmpi関係のセミナーやシンポジウムに参加していますが、いつも大変勉強になります。また、全国から集まってくる講師の方達の知識、自発力、モチベーションの高さには、いつも刺激を受けます。

つい先日、小学校英語の教科化について発表があったばかりなのに、
大阪市では、いきなりの小学校1年生スタート!?という感じを受けますが、
きっと大阪市は、独自に淡々と準備されてきたのでしょうね。
大阪府内の別の市では、小学校英語への取り組みが数年前から随分と活発だったようです。地域人材の活用を含め、市民が参加できる会合なども開かれていました。

地域全体が、子どもたちの教育を良くしようと努力されているのには、気持ちが温かくなりますね^^

山口でも、もっともっと英語教育が身近に、確かな物になっていって欲しいです。