Robots to the WORLD


Let's go, guys!
赤いカーディガンがとってもお似合いの素敵な女性が、ぬいぐるみを抱えています。


このアザラシロボットをご存知でしょうか?

私は、このロボットが日本製で、介護施設などで使用されているというニュースを見かけた事があったのですが、海外(この記事ではオーストラリア)で認知症の方々に使われているというニュースだったので、興味を持ちました。

まずこのアザラシを調べてみました。
「パロ」という名前で、奇妙なCMでおなじみの「大和ハウス工業」のロボット事業から生まれたようです。
なんと!大和ハウスのHPによりますと
「ギネスブックで認定された 世界でもっともセラピー効果があるロボット」
だそうです。"セラピー効果がある"というのは、どうやって立証したのでしょうか…

その他詳細は、ロボットの紹介ページでご確認ください。



アメリカではFDAより医療機器として承認されており、
どちらかというと、生まれ故郷の日本よりも海外で立派に活躍しているパロ。

ここにもひとり、Globalな人材・・・ん〜・・・ 逸材! がいましたね。


バロは人の話していることは多少理解するのかもしれませんが、英語は話しません。
non-verbal(非言語)コミュニケーション能力に非常に優れているので、世界にはばたいたのでしょう。

私がもし、こんな愛らしい形、声、顔、大きさ、暖かさ・・・・などであれば、
英語が話せなくても良かったかもしれません。
けれど人間というのはこんな形ではありませんし・・・笑
何より「言葉」を使うことが出来ます。ダイレクトです。人間の特技です!

言葉を使ってコミュニケーションが出来る

その言葉の中に「英語」があれば、より広い世界とコミュニケーションが図れるというわけですね。

飛び交う電波でどんどん世界と繋がって行く中、まだしばらくは「言葉」が大きな壁になると思います。その壁を、少しずつ一緒に崩していきませんか?

小学生のうちなら、ガンガン崩せます!
中学生になったら、少しペースは落ちますがそれでもガシガシ崩せます!
高校生、大人になったら、それぞれのペースで崩していきましょう!

No problem!!!
どんなに学んでも終わりはありません。早すぎる事も、遅すぎる事もないのです。


英語が使えたら・・・・・・

-------
EikaiONE
Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798
::facebook:: ::Twitter::