英語教育改革 最大の課題

引き続きまして、文科省が公表しました「英語教育改革実施計画」の中身を見てみたいと思います。

簡単に小学校英語についてまとめて表にしたものです。

今回、文科省大臣の会見でも述べられていますが、この改革の最大の課題は2つ。
1、指導者
2、財源

2の財源については、私たち庶民がどうこうできるとでもないのですが、大臣が「これは文科省だけの問題ではない」と言っている通り、政府全体が「必要だ」と感じている改革ということで対応していくのだと思います。

そして何より最大の課題は「指導者」です。
これはもうずっと長い間課題となっていると思いますが、ここへきて目立つのが「専科教員」という単語です。音楽の先生や家庭科の先生などは専科の先生が多いですね。
英語の専科となりますと、多くは中・高校の英語教員免許取得者になるのかと推測するのですが、どうなるのでしょうか。
また、小学校英語(教科)に対応する特別免許状の創設も記述されていました。

そしてもうひとつはALT(JET、民間のALT)の充実についての記述が多く見られました。
「高度な英語指導力を有するALT等が単独で授業を実施可能に」
これにはちょっとびっくりしました。まぁ、高校英語のことかなと思ったのですが、非常に少数だと思いますし、ALTの"Assistant"ではないですね!

それとこのALT等のですね。塾や予備校の先生とか、そういうのも含めたのでしょうか?ただ、今の受験英語を変えようとするのであれば、そういう先生方の指導方法は軌道修正が必要になってくるんだろうと考えます。
また、「ALT等指導力向上研修」というのもあったのですが、ALTはそもそも長期滞在する人が少ないです。あくまでも優先すべきは現場の先生方であると思います。

先生という職業は「教えること」のプロフェッショナルです。
どんなに知識があっても「教える事」を学んでいない人が主導権を握ってはいけませんよね。

この改革に関して、来年1月に有識者会議が設置されます。そこから細かな発表などもあるかなぁと思っていますので、また気になる事があり次第ご紹介しますね。

-------
EikaiONE
Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798
::facebook:: ::Twitter::

 

Featured Post

World Englishes in Sri Lanka

Let's Workshop