コンピュータと人

サラーっと流し読んでいた国内トピックの中に、学習塾・教育現場(学校)でのタブレット導入加速、というニュースがありました。

この20年で、こういう電子機器はもの凄く変化してきましたね。
携帯電話やパソコン、通信規格もどんどん変わってきています。

タブレットやファブレットをお持ちの方も多いと思いますし、スマートフォンで様々な事が出来るようになりました。
英会話や英語教育でも、ビデオ通話を利用したオンライン英会話がありますし、単語や会話、英語学習のためのさまざまなApp(英語でもアッ)が存在します。

そんな中、携帯性に優れたタブレット端末が教育目的で使われるようになるのも当然の事だと思います。
昨年末、佐賀県の県立高校が富士通製のWindows 8タブレット(ARROWS Tab Q584/H)を導入するというニュースが出ていましたね。(各自5万円負担)

賛否わかれる話題だと思いますが、私は個人的にどちらでもいいと思っています。
結局はこのタブレット端末も「教材・教具」の一つにしかなりません。
道具というのはどう使うかが大切ですから、効率的にその"道具"を使いこなし、その道具がもつ能力を最大限活用することができれば、それで効果がでるものだと思います。


まぁ。本当に個人的な意見ではありますが、学習する側としてタブレットやコンピュータを使うなら、通学・通塾しないで使えるのが理想だと思いますけれどもね。。。

-------
EikaiONE
Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798
::facebook:: ::Twitter::