Not equal

Hello!

アメリカで公開されてからずっと気になっていた映画 whiplash を観ました。邦題は『セッション』という名前だったので、日本で公開されたことを全然知りませんでした笑
そしてこの邦題はちょっとどうかと思います・・・
内容的にそんなに英語に関する期待はありませんでしたが、いくつか面白い表現もありましたし、翻訳者さんのセンスや技に感心しました。楽しかった♪


ちょっとマジメな話。
最近、改めて思う事があります。
英語力≠会話力≠指導力

日本人はTOEICで満点近く取る人たちにも、実際に英語で会話が出来ない人が多くいるそうです。英語の母語話者は「英語力」という点では満点だと思いますが、皆が会話上手なわけではありません。
ESL/EFL(英語を第二言語として学ぶ学習者、または外国語として学ぶ学習者)に目を向けてみると、英語力はそんなに高くないけれど、その人と話をすると、とても楽しく会話が弾む。そんな人もたくさんいます。
そして、英語力や会話力が高くても、指導力があるとは言えません。母語話者が皆、その言語の良い指導者にはなれるわけではないのです。

それぞれの力が必要です。

英語力にはそれを伸ばす学び
会話力にはそれを伸ばす学び
指導力にはそれを伸ばす学び が必要です。

語学を学び、コミュニケーションを学び、専門的なトレーニングを受け、経験を積む。
その中で、正に電球が光るように多くの納得、気付きに出会えます。


先日行った本屋さんで、英会話に関する本が長い書棚1列を埋め尽くしていました。
「●●だけでいい!」「○○さえすれば、英語が話せる!」といったコピーが目につきました。その○の中は様々です。

私の意見ですが、そんなことはまずあり得ません。

もちろん、それで英会話が上手になった人もいるでしょう。
しかしそれはただ、その人にそのタイミングでその学習が必要・適切だったからなのですよ。「何も話せなかった」「英語は全くダメだったのに」と言うかもしれませんが、苦手意識を持った自分の思い込みです。

誰かにとって素晴らしい教材でも、それが他の人にとって同じくらいの価値があるかどうか、疑わしいものです。

自分に足りないものを得る事

それが一番大切なのです。

自分に必要な学びを見極めて学ぶ事。
その意味を、学習者はもちろん、指導者もしっかりと意識していくべきだと思っています。

気を引き締めてまいります!

Have fun!
-------

Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798

 

Featured Post

最初で最後

Let's Workshop