Learning

Hello!

今日は運動会開けの訪問レッスン(室積保育園)となりました。

運動会での子どもたちは、お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん。家族や友人に見守られ、視線を合わせ、体いっぱいに喜びを表現していました。普段のレッスンでは見ることない一面で、FULL OF LOVEな一日でしたね。

さてそんな保育園での訪問レッスンをさせていただくようになって、私は以前よりも英語教育についてより真剣に考えるようになりました。

もともと、オーストラリアで大人の英語指導について学び、子どもの英語教育に関わるなんて思ってもいなかったのですが、流れに任せて児童英語教育を学び続けてきました。そうしてもがいているうちに、今度は幼児に英語を教えることになりました。とはいえこれは、私自身が選んだことです。

実はこの「幼児英語」は私にとって、最大のチャレンジでした。

このステージの教育理論とかは学んだことがなく、どう接していけば学習として成り立つのか、イメージもわかなかったのです。EikaiONEを始める前にも幼児クラスはいくつも教えたことがあるのですが、指導環境が違い、私自身が考えて作り出すレッスンはほとんどありませんでした。
そんな中、さまざまな先生方と幼児クラスをやったり、見学したりするうちに、ひとつ思ったことがありました。

大切なのは、子どもたち、クラス、そして担任の先生を知ること

確かに、年齢により指導の内容や習得の特徴は変わりますし、学習ステージをしっかり活かすことが重要です。でももっと根本的なこと、幼児も児童も、そして大人もみんな「人」であるということ。「知りたい」「わかりたい」「わかってもらいたい」という気持ちが、人を繋ぎ、学びを与えてくれるのだとわかりました。もちろん理論もとても大切ですし、そのベースがあってこその経験です。

私のチャレンジはずっと終わる事はないですが、難しくて出来るかどうかと不安だった気持ちは、笑顔と学びに繋がっています。これはもちろん、保育園の先生方や保護者の方々の支えがあってこそです。

人はみなそれぞれ違うのだから、それぞれの学びを大切にしたい。
そして自分らしい指導とコミュニケーションを大切に、これからももっともっと学び溢れる日々にしていきたいと思っています!

Better learning, Better life!
-------

Email: info@eikaione.com
Phone: 070-5672-2798