Spontaneously

●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
11月3日(金)〜7日(月)はお休みです
●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●―○―●
Hello!
すっきりとしたお天気になりました。

英検の二次試験を控え、受験者のみなさんも緊張感が高まってきていますね。
でもしっかり準備をして挑めばきっと大丈夫。その緊張感とともに、様々なことを経験してもらいたいと思っています。

今日は先日の幼児クラスのことをシェアします。

ハロウィンを迎えて、子どもたちのテンションも高かったのですが、カードをフラッシュしていたときのことです。もう英語に触れ始めて3年目の子どもたちですから、容赦ないスピードでフラッシュします。そうしていると、"Slowly!"という声が聞こえました。

お!

と思い、"OK, slowly!"と言ってゆっくりとフラッシュしました。
そこまではまぁ良かったのです。「自分のタイミング」で発した言葉だったからです。

そのあと少ししてから、ごく自然に "Slowly or fast?" と尋ねたのですが、ここで "Slowly!"と反応してくれたのです。この時はさすがに

おおお!

と感激しました。
指導者の方はわかると思うのですが、急に投げかけられた自然な質問に対して、瞬発的に反応するというのは、普段の幼児クラスで期待していないのです。だからこそ驚いたのです。

こうやって文章にするとわかりにくいのですが、とにかく私は大いに感激したのです。
ただ、それを「しっかり褒める」という行為はあえてしませんでした。
そのやりとりがごく自然だったからです。あの自然なやりとり、流れを止めたくなかったという感じです。

私がたくさん繰り返してきた単語を、自然なタイミングで発してくれたことに、第2言語も母語と同じ流れで染みついていくのだと確信しました。

これからも、子どもたちとたくさんの英語に触れていきたいと思っています^^
Have a lovely day!
-------

Email: info@eikaione.com
Phone: 070-5672-2798