大晦日の奇跡

年末、冬季休業に入ってからしばらく、英語、英語教育について勉強しておりました。
新学習指導要領を再読している時、「聞くこと」の目標について、自分自身の解釈を疑い始めたのが大晦日の夜。
年が明けてからでも、いずれ先生方のご意見をいただければ…と思い、疑問を投げかけました。

1時間も経たなかったと思います。
本当に尊敬するM先生から返信がありました。大晦日の夜にもかかわらず、本当に心強く、背中を思い切り押してくださるようなコメントでした。
「… 余計なことは考えすぎず、正しいことを教えてあげてください。手を叩きながら何回も練習してください。 」
先生のこの言葉に、涙が出るほどホッとしました。
続いて2人の先生が、フォローアップのメッセージをくださいました。それも本当に、涙が溢れるような支えとなりました。
こうして、大晦日の夜に全ての疑問はすっかり解決し、とてもスッキリとした気分で新年を迎えることが出来ました。

現実を目の前にして、悩み考えることもあります。
でもこうして、すぐに手を差し伸べてくださる先人の方々、力強い言葉をくださるプロフェッショナルたちのお陰で、想いを新たにしました。

想像を超えるほど努力し
圧倒的である


そんな自分でありたい。

強く、正しく、明るく、楽しく!
ぶっちぎれ!!




 

Featured Post

研修スタート

Let's Workshop