Grown up

今日は、訪問レッスンをさせていただいている室積保育園さんで、端午の集い(春の運動会)でした。

この3月まで保育園で一緒に学んでいた1年生たち。「学校で英語やってるよ」と誇らしげに話してくれました。嬉しそうな顔(癶_癶)


その1年生の男の子に、つい最近弟が生まれたそうで、抱っこして紹介に来てくれました。
もちろん驚愕!の可愛さなんですが、男の子のお兄さんぶりがとっても頼もしかったです。
You are such a big brother!!

この言葉をかけたとき、彼は理解したと感じました。

言葉は、適切な状況で聞かれ、使われたときにはじめて intake(吸収) されていきます。
今まで input(与えられ) たものの中から、ほんの一部だけが intake されます。そしてそれは日常での実際の会話であることがほとんどです。

だからこそ私は、出来る限り英語を使うようにしています。100のうち、1つでも残ればいいし、それを積み重ねていきたいのです。

5月は研修も始まり、子どもたちの成長ぶりも見られ、とにかく嬉しい事、楽しいことが続いています。Thank you!

 

Featured Post

研修スタート

Let's Workshop