★お知らせ★2021年度新規生徒さま募集につきまして

Rhythm


Rhythm


私が英会話・英語を指導するときに、物凄く重点を置くものです。
おわかりでしょうか?もともと古典ギリシャ語を語源としているので、若干発音に戸惑いますね。

 大学時代に、一冊の本に出てくる単語の語源を調べつくす、という調査を
 したのを覚えています。多くがラテン語でしたが、言語というのはさまざまな
 言語に影響を及ぼしながら、日々変化していくものなのだなぁと関心したものです。
 みなさんも、辞書を引くときに「語源調べ」してみてください^^


ということで、そうです。「リズム」ですね。

オーストラリアで英語教育を学んだときに、教授法の勉強の中でも、
リズムをしっかり取り入れていました。大人の学習者を対象としていましたが、
やはり「リズム」が大切だと、先生が教えてくださいました。


たくさんの先生の授業を見学させてもらって、気づいた事。
非ネイティブ話者でも、リズム感がいい人、歌ったり踊ったりが好きな人は・・・・・

なんか英語が上手。

私個人的に、これはリズム感だけの問題ではないと思いますが、
それでもその割合は大きいと思います。


小学生はリズムに乗せて文章を言うのが上手です。
例えば、

I like vegetables. と  Could you tell me the way to the station?

の文章だと、明らかに前者が簡単に思えますが、
リズムに乗せてインプットすると、どっちも大して変わりません。
むしろ長い文章の方が、音のつながりや流れを身につけるのにも向いています。

たくさん聞いて、まねをして、耳で聴いた音とアルファベットをつなげ、
書く事へと発展していきます。


それぞれの年齢・ステージで、得意とすることをしっかりやって、
新しいことにチャレンジする。そうしながら、スキルアップしていきましょう♪