新しいチラシ作り

先日の小学校英語の教科化のニュースを受けて、新しいチラシを作成中です。
なかなかブログを見ていただく機会がない方にも、今の日本の子どもたちを取り巻く英語教育の現状を知っていただきたいと思っています。

また完成しましたら、こちらにも掲載したいと思います!


EikaiONEチラシ掲載文(2013年5月作成)


小学校英語が「外国語活動」から「教科」になる!
みなさん、ご覧になられましたか? 5/22付のニュースで報道されました。
今後、小学校の英語活動は教科となり、また学習学年も下げるよう検討されるそうです。
中高生はより多くの語彙を覚えなければなりませんし、高校の英語は英語による授業が基本となりました。
これまで、全国の小学校で英語活動が模索されてきましたが、今すでに「小学校英語のレベルを上げていこう」という声が出て来ています。この「レベルを上げる」というのは「英語で学ぶ」という他教科連携も視野に入れられています。
英語で何かを学ぶときに、どれだけ英語に慣れているか、抵抗がないかは大変重要です。
小学生の間により多くの英語(表現、語彙など)に触れ「英語の感覚」を養いましょう。

早い方がいいってホント?
第二言語習得の研究で“Older is faster, younger is better.”という言葉があります。
確かに、成長してからの方が「理解」しながら進むことで速い点があります。だから、学ぶ事に関して「遅すぎる」ことはありません。しかし小さい頃に学ぶことは単純に「より良い」のです。これは子どもたち、だれもが持っている力です。
ぜひその力を引き出して、新しい広い世界に目を向けてみませんか?