お知らせ:光地域の2021年度新規生徒さま募集は、12/25にて終了とさせていただきます

会話の練習

 英会話のテキストを使って、ロールプレイなどをしながら会話の練習をしますね。
ところが、実際の会話というのは、相手が何を言うか分かりませんし、どんな反応をするかわかりませんので、ロールプレイ通りには進まない事が多いのです。
だからこそ、自分から話し始めたり、相づちやジェスチャーなどを用いながら、会話をコントロールしてこそ、楽しいコミュニケーションが成り立つのです。

 ではロールプレイは役に立たないの?

いいえ、役に立ちます。予測不能な実際の会話でも、それまでにしっかりとインプットされた表現を自由に組み合わせて会話を運んでいきましょう。テキスト通りのロールプレイを満喫したら、即興で会話を膨らませる練習もしたらいいですね。

 インプット活動は、大人になっても重要だなぁとつくづく感じています。
子どもたちはスポンジのようにインプットできますが、大人は少し意識が必要です。さまざまな事が邪魔をして、インプットにもアウトプットにも時間がかかります。しかしインプットが足りないと、「とっさに対応する」ことは難しいと思います。パッと出てくる表現は、すでに完全にインプットされたものだからです。

大人のインプット活動には、歌、ドラマ、映画、インタビュー映像(音源)などを使うといいですね。また、リズムよく音読することも重要です。

 EikaiONEで扱っている児童英語教材は、リズムを重視したものが多いので、大人にも使えそうなものが多くあります。もちろん、大人向けの物でも全くないわけではないですが、英語らしく、英語のリズムで読むのが苦手な方には、児童向けのものがとても役に立つと思います。私自身も、児童英語教材から学ぶことは今でもたくさんあります!
以前に紹介したスポンジボブのDVD教材も、児童向けと書いてありますが、英語学習者(特に英会話学習者)であれば、年齢は関係なく楽しめる教材だと思います。

EikaiONEでは、凝り固まった価値観を捨てて、いろんなものにチャレンジしながら、たくさんの英語に触れることができるチャンスを提供したいなぁと思っています。


次回のレッスン日は3日(水)です。15:00頃より室積教室におります。
時間につきましては、午後であれば調整可能ですので、お気軽にお尋ねください^^