連日猛暑 ALT辞令交付

真夏です。

光市は、海水浴場が2つもある素敵なところです。
広島にいたときに、友人たちは皆「夏は山口だねー」と言っていたのですが、
西は角島から、東は周防大島。
周防大島のことを「ハワイみたいだ!」という外国人も結構いますし、
山口県は本当にビーチ県ですね。

最後の海水浴は西オーストラリアだったと記憶しています。
でも、身近にある素敵な人、もの、風景、いろんなものを愉しみたいと思って、
今年はかなり久々の海水浴でした。
もともと「海は恐ろしい」と育ったのですが、我ながらよく楽しんだと思います(笑)


生活をしていると、その地域独特の人、景色、文化、習慣があることに気付きます。
私の場合、これまでの仕事柄「人」「子ども」と接する機会が多かったのですが、
どこを訪ねても、それぞれの良さがありました。
光市へ来る外国語指導助手の方たちにも、光市の「良さ」を感じて体験してもらって、
任期中、仕事も生活も楽しんでもらいたいなぁ…と思いました。



外国語指導助手の辞令交付式(山口県)
県内の高校で生きた英語の指導に当たるALT、外国語指導助手の辞令交付式が9日、県庁で開かれた。辞令交付式では県教育委員会の田邉教育長から1人1人に辞令が渡された。県教育委員会では外国語指導助手の招致を1987年から行っていて、今年で27年目となる。任期は最大3年で、今年度は新規採用の6人を含む22人が採用された。アメリカやカナダなどの英語圏からやってきた外国語指導助手たちは英語の授業の他、部活動や学校行事にも参加することになっている。挨拶に立った田邉県教育長は「生徒のコミュニケーション能力の育成に力を貸してください」と激励した。辞令を受け取った外国語指導助手たちは県内21の高校に派遣される。
[ 8/9 19:37 山口放送]

あれ?「高校」だけなの?
高校といえば「英語で指導」が基本になりましたね。
ALTたちと先生方の役割分担が重要なポイントになることでしょう。