★お知らせ★2021年度新規生徒さま募集につきまして

英語教育改革実施計画

12月13日に、文部科学省のホームページに
「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」についてが公表されました。
詳しくはここをクリックして文部科学省のサイトをご覧ください。

公表された計画によりますと、2014年度から逐次改革を推進するとのことです。
ざっと気になる所だけ見てみますと、

・小学中学年は活動型で週に1〜2コマ、
 高学年は週3コマで教科型。(モジュール授業も活用)
中学校の英語の授業を英語で行うこと基本とする。
・高等学校は言語活動を高度化する。
専科教員の積極的活用
小学校専科教員、学級担任の英語指導力向上
・中学、高校の英語科教員に英検準1級TOEFL iBT80点程度以上の英語力を確保
・ALT、地域人材の活用促進
・教材の開発、整備
・資格、検定試験の活用、普及・拡大

小学校だけ見てみますと、広島市ではすでに高学年についてはほぼ網羅しているといっても過言ではないと思いました。
オリジナル教材を全校に配布、ALT・地域人材(日本人講師)の全校配置、モジュール活動も取り入れていらっしゃいますね。週3コマは取れていないかと思いますが、ほぼ毎日のモジュール活動の方がよほど効果的かと思います。

わが山口県の状況はきわめて異なりますが、これから本当に大波が押し寄せてきます。
中学校の英語の授業を英語でするというのは、しばらく無理ではないかと推測しますが、小学校の英語が変われば、必然的に中学校・高校英語も変わると思います。

これからまず2018年度までの間に、さまざまな変化があると思います。
ただ、この移行期間というのは学校・地域での差が出る期間でもあります。
中央教育審議会(中教審)での検討後、2018年度から段階的に先行実施という計画です。

細かいところまで読んでいくと、「えぇぇ!!?」と思うようなこともあるのですが、それくらいの衝撃がなければ、この改革も中途半端で終わってしまう事でしょう。

公表されました計画について、私の勉強にもなりますので、今後少しずつ取りあげて行きたいと思っています^^
ご意見・ご感想がございましたら、お気軽にどうぞ。(コメントは管理しております)

ちなみに文部科学大臣の会見がありましたので、手っ取り早く知りたい方は
どうぞ1:53からご覧ください。またはコチラをクリックしてYoutubeへ飛んでください。



-------
EikaiONE
Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798
::facebook:: ::Twitter::