Most Liveable

Economist Intelligence Unitのアンケート、The world’s most liveable city(世界で最も住みやすい町)の結果が出ています。

オーストラリアのメルボルンが4年連続のトップとなっています。私が住んでいた頃は、まだそんなに整っていなかったのでしょうが、それでもとても快適でしたしね。
以下、トップ10です。

1. Melbourne, Australia
2. Vienna, Austria
3. Vancouver, Canada
4. Toronto, Canada
5. Adelaide, Australia
6. Calgary, Canada
7. Sydney, Australia
8. Helsinki, Finland
9. Perth, Australia
10. Auckland, New Zealand

メルボルンと2位のウィーンは、"Culture & Environment"の項目で0.7ポイントの差があったのみ。こうしてみると、トップ10にオーストラリアが4都市も入っています。お隣のニュージーランドも10位にランクイン。そしてカナダも3都市がランクインしていますね!

続きまして、ワースト10というか"LEAST LIVEABLE"なので、まぁ「住みにくい」という訳になるのかもしれませんが、アンケートの内容を考えますと「住むのに不便や危険が多い」という感じかなと思いました。
※興味がある方は、Economist Intelligence Unitより直接レポートをダウンロードしてチェックしてみてください^^(DLには登録が必要です)ちなみにEikaiONE Familyの方には、こちらのランキングレポートを印刷したもの、閲覧・貸出できます^^ もちろん全部英語ですよ!

1. Abidjan, Cote d’Ivoire
2. Tripoli, Libya
3. Douala, Cameroon
4. Harare, Zimbabwe
5. Algiers, Algeria
6. Karachi, Pakistan
7. Lagos, Nigeria
8. Port Moresby, PNG
9. Dhaka, Bangladesh
10. Damascus, Syria

アンケート結果だけ見て判断するのは簡単だと思いますが、そのアンケートがどのように、作られて集計・解析されているのかなどにも目を通すと、新しい発見があるかもしれませんね。
ちなみにこのアンケートの内容は、大きく以下5つのカテゴリーにわかれていて、その中に細かい項目があります。


Category 1: Stability (weight: 25% of total)
Category 2: Healthcare (weight: 20% of total)
Category 3: Culture & Environment (weight: 25% of total)
Category 4: Education (weight: 10% of total)
Category 5: Infrastructure (weight: 20% of total)


内容を細かく見ていくと、「なるほどなぁ。そういう意味があってこういうランキングになっているんだなぁ。」と納得できるかもしれませんよ。


結局は「住めば都」と言いますか、自分次第だと思うのですが、こういうデータは客観的なデータとして、自分の視野を広げてくれる一つの素材だと思います^^

-------
EikaiONE
Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798
::facebook:: ::Twitter::