★お知らせ★2021年度新規生徒さま募集につきまして

Englishes

香港へ行って、香港英語の訛りについて感じたことがありました。

日本人の英語に訛りがあるのと同じく、香港人も英語に訛りがあります。それはもう当然なわけですが、個人的には聞き取り難い部類に入ったので、今後の自分自身の課題の一つとなりました。

街中や駅、飛行機やお店など、アナウンスや人々の会話を聞いていると、香港の人たちの母語といえる広東語(中国語の方言のひとつ)は、どうも/ɔ/, /ɒ/, /ɑ/というような音が、そして北京語や標準話と言われるものは/sh/や/zh/といった音がよく聞こえてきます。それが英語にも大きく影響しているようで、香港英語は聞き取りづらいことがありました。

最近香港には、フィリピン人のナニーさんがたくさん入って来ているようで、子どもの学校のお迎えをしているナニーさんや、土曜日にカフェやバーガー屋さんでナニーさんと共に食事をする家族も見かけました。
話を聞いていると、お母さんとナニーさんの英語はよく似た感じでしたし、別の家族のお父さんとナニーさんの英語もまたよく似ていました。
個人差ですが、フィリピン人ナニーさんの影響も受け始めているのかなと感じました。

そして、香港人の方々、バスでも地下鉄でもとにかくみんながスマホを使いまくっていました。そしてスマホがでっかい!大きなスマホがお好みのようです…。
また様子を観察していると、テキストメッセージを送るのに、手書き入力をしている人を多く見かけました。漢字を出すのが大変なのでしょうか?
そしてボイスメッセージを使っている人が多い多い!なんでスマホを口や耳に近づけているのかと思ったら、ボイスメッセージを録音したり再生したりしているんですね。漢字は画数多いし、面倒なのかもしれません。

ちなみに台湾の英語は聞き取りやすかったです。※個人的な感想です
-------
EikaiONE
Email: info★eikaione.com(★を@に変えてください)
Phone: 070-5672-2798
::facebook:: ::Twitter::